アラスカでも暖かい『WOOLRICH』のダウンパーカ

WOOLRICH(ウールリッチ)
M Arctic Down Parka

今年のアウターはやっぱりダウン

北海道の初雪が例年よりも遅く、今年は暖冬と言われていますが、個人的には普通に寒い毎日を過ごしています。スズキです。

明日から12月!アウターの需要が高まってきましたね。私もつい先日まではライトなアウターのみで我慢していましたが、ついに本気のメルトンのコートを引っ張り出してきました。

今年の新作アウターは、まだ何を買おうか悩み中ですが、やっぱり人気なのは『ダウンジャケット』!イコラのページでも『ダウンジャケット』をお探しの人が多いようです。

ということで、今シーズンからイコラで新しく取り扱いが始まった『WOOLRICH (ウールリッチ)』からも、ハイスペックで、今年の冬の強い味方になりそうなダウンジャケットが到着してましたので、本日はWOOLRICH(ウールリッチ)のM Arctic Down Parkaについてのお話です。

まずはイコラの新ブランド『WOOLRICH (ウールリッチ)』のご紹介から。

WOOLRICH

ウールリッチ(WOOLRICH)はアメリカ最古のアウトドアブランド。1972年にアラスカのパイプライン作業の耐寒ウエアとして開発されたArctic Parka(アークティックパーカ)はブランドを代表するアイテムとして、誕生以来、多くのファンを魅了しています。

今回ご紹介するM Arctic Down Parkaは、パイプライン作業用に開発されたArctic Parka (アークティックパーカ)

表地はしっかりとした150デニールのゴアテックスファブリックス。撥水性、耐久性があるので、ダウンの弱点の水濡れを気にせず悪天候でも気軽に着られる、デイリーユースにおすすめのパーカーです。

内側の首元には取り外し可能な襟付き。内襟にも中綿が入っているので、ふんわり柔らかく暖か。そんなに寒くない時なんかは外しておけば◎

また、フードのファーも取り外すことができるので、ビジネスシーンで着る場合は外してフォーマルな装いを楽しむこともできます。

フロントには胸部分にフラップ付きのナナメポケット。腰部分には縦からも、横からも物を入れることができるポケットも付いていて収納力ばつぐん。1月、2月は手袋やカイロなんかを忍ばせておきたいですね。

着る人を選ばず、長く着て頂けるシンプルなデザインでカジュアルにはもちろん、ビジネスシーンでも活躍する冬場の強い味方となるダウンパーカーです。

WOOLRICH(ウールリッチ) M Arctic Down Parka