灯しびとの集いに行ってきました。

「秋晴れの公園で作家さんのうつわを手に取る」

こんにちはイコラスタッフのスズキです。少し前の出来事ですが、11月11日と12日の2日間大阪の堺市で開催された『灯しびとの集い』に行ってきました。

『灯しびとの集い』とは2009年から開催されている野外イベント。
様々なジャンルの作家さんが全国から集い、その方たちの作品をその場でゲットできるというクラフト好きにはたまらない内容。
有名な作家さんも参加していたりするので、あこがれの作家さんとコミュニケーションできる場でもあり、毎年人気のあるイベントです。

豆皿がずらーっと並んでいるとかわいくてついつい手に取ってしまいます。
豆皿はお菓子を入れたり、ソースなど調味料を入れたりいろいろな楽しみ方ができるので、気が付くと何枚も買ってしまいます。

独特な風合いの釉薬がかかったお皿。マットな質感で手触りが良く普段使いしやすそう。

作家さんが作ったうつわは既製品にはない色合いや形、素材感が魅力。お値段は量販店で買うよりも高く感じますが、
それに見合った価値や手仕事のぬくもりがあるのと、大事に使おうという気持ちが生まれるのがいいところだと思います。

北欧の雰囲気を感じる一輪挿しはカラーバリエーションとフォルムが様々で見ていてとても楽しかったです。
いくつも並べて飾るのが最高にかわいい。

普段、花を部屋に飾ろうと思ったことがないスズキでも「この一輪挿しにお花を活けてみたい!」という気持ちになり、ブルーの一輪挿しをお持ち帰りしちゃいました。

次回の開催日はまだ未定ですが、きっと11月に開かれると思います。来年もぜったい行きたい、おすすめイベントです!