5月は多肉植物の季節 ≪虹の玉・朧月夜≫

こんにちは。イコラスタッフのスズキです。

実は多肉植物が好きなワタシ。自宅のプランターでちまちま、いろんな種類の多肉植物を育てています。

多肉植物にとって、夏前のこのシーズンはゴールデンタイム。冬でちょっと元気がなくなっていた品種も、もりもり元気になって、花を咲かせたり、子株を作ったりと元気いっぱいです!

今日はそんな元気もりもりの、私のかわいい多肉ちゃんたちをご紹介致します!

セダム属 虹の玉

こちらはセダム属でも有名な『虹の玉』まるい葉っぱがとてもキュートです。

セダム属は虹の玉のような立ち木タイプと、芝生上に広がる万年草タイプの2種類があります。

虹の玉は紅葉もするので、季節で姿を変える様をみるのが楽しい品種。
今はグリーンとレッドが混ざったような状態で、なんだかブドウみたいでかわいいです。

エケベリア属 朧月夜

この子は実はプランターから勝手に生えてきた品種の多肉。
なので、本当の名前はわからないのですが、特徴から調べるとたぶん『朧月夜』だと思います。そう思い込んでいます。違っていたら教えてほしいです。

エケベリア属はバラのような、花が咲いたみたいな形が特徴。
また、とても丈夫なので、私みたいにずぼらな人間でももりもり増やすことができます。
実際、プランター内でもかなりの面積がこの子で埋まっています。

植物らしからぬ、グレーの葉がなんか上品な雰囲気。うっすらピンクになっている部分もあって、一見地味に見えますが、じっくり観察すると愛着の湧いてくる多肉ちゃんです。花も咲くので、また咲いたときにご紹介しますね!

まだまだ紹介したい多肉ちゃんはいますが、今日はこのへんで。次回をお楽しみに!