満腹。うなぎパーティー!

ちょっと早いけどうなぎパーティー!

こんにちは。イコラスタッフの鈴木です。
私、好物のひとつがうなぎなのですが、

「おいしいうなぎがいっぱい届いた。」

イコラのボスからそんな一言を聞いて、思わず「食べたいです!」とお願いして、ボスのお家でうなぎパーティーの開催が決定!

ちなみに今年は7月20日の金曜日が土用の丑の日。
丑の日にはかなり早いですが、うなぎパーティーに参加してきました!

土用の丑の日とは。

そもそも『土用の丑の日』ってなんなんだろうと思って少し調べてみたら、
その由来は江戸時代まで遡ります。
当時『丑の日には、”う”から始まる食べ物を食べると夏負けしない』という風習があったそうなのですが、平賀源内がうなぎが売れなくて困っていたうなぎ屋さんに「丑の日」という張り紙を張ってみてはどうか?と助言したところ、大繁盛。
それ以降他のうなぎ屋さんもこぞって真似をしたことから、今日の土用の丑の日の習慣が根付いたということでした。

どうせならお米も特別に

さて、話がもどって、ちょっと贅沢にうなぎパーティーするなら、ごはんもいつもよりひと手間加えておいしく食べよう!ということで・・・

なんと、土鍋で炊いてくれました!
6合も!

(多すぎませんか?)

真っ白つやつやのお米は、甘い香りで食欲そそられます!

いざ、うな丼実食。

今日のうなぎパーティーは自分で好きなだけうなぎをのっけていく、ビュッフェスタイル。

ご飯をよそってもらったら、漫画みたいにこんもり。
こんなに食べられません!といいつつ、肉厚なうなぎをほおばると食欲がどっと湧いてきて、無言でがつがつ。

ジューシーなうなぎと甘辛いタレがあればいくらでもご飯が食べられますね!

シメは驚きの〇〇丼

うな丼でおなかいっぱいしあわせ~な気分になってちょっと休憩していると、

「そろそろ、イクラ丼やな」

「え・・・」

どーんときれいなイクラがでてきて、さっきまでお腹いっぱいだったのに、よだれが。
甘いものだけでなく、イクラも別腹でした。

うなぎとイクラ、同じ日に両方食べることなんてめったにないですよね。

贅沢な食事を満喫した1日でした。