あいにくの雨。こんな日は家でゆっくり読書。

雨の日は読書がおすすめ

こんにちは。イコラのスズキです。

最近は快晴続きでしたが、今日はあいにくの雨ですね。いつもよりすこし気温も低いので、着る服もいつもより1枚多くしてみました。

雨の日は外出するのもおっくうになりがち。
私は天気が悪いと、なぜか体調もあまり優れないことが多いので、お恥ずかしい話ですが、引きこもっていることがほとんどです。

家に引きこもってなにをしているかというと、だいたいは映画鑑賞や読書です。
雨の日はいつもよりも外が静かで、集中して映画を見たり、本を読んだりできる気がします。

最近読んだ本がこちら。
イコラでも取り扱いのあるPATAGONIA (パタゴニア)のオーナー、イヴォン・シュイナード著の『社員をサーフィンに行かせよう』です。

パタゴニアが創業してからの歩み、前身であるシュイナード・イクイップメントのスタートから、現在に至るまでの経緯や、楽しく働くこと、人生を楽しむこと、自然の大切さなどが記された本で、とても読み応えのある1冊。

挿絵の写真もすごくキレイで、アウトドアを楽しむ人々の生き生きとした写真からは元気がもらえました。

ビジネス書ではありますが、イヴォン・シュイナードの破天荒な体験は読んでいてとても面白く、読みやすい本なので、普段そういった本を読まない方にもおススメです。

5月6月は雨の日が増えてくるシーズンなので、家でゆっくり読書をするための本を書店や図書館で探してみるのもいいかもしれませんね。
私も次の休みの日は久しぶりに図書館に行ってみようかと思います!

話は変わりますが、家の犬の写真をご紹介。

リビングのドアを開けると、うちの愛犬がカーテンにくるまっていて面白かったのでついつい撮影してしまいました。

「見つかった!」という感じの顔で固まっている犬を見て、雨で憂鬱な気分がすこし癒されたひとときでした。