京都散歩。グループ展≪尖≫と、≪麺匠 たか松≫のらぁ麺

こんにちは。イコラスタッフのスズキです。

先日、大学時代の友達の旦那さんが京都でグループ展をすると案内をいただいたので、
さっそく行ってきました!

場所は京都市中京区の『ウイングス京都』
地域のコミュニティセンターのような場所で、いろいろな催し物が常に行われているそう。

会場の中は撮影禁止だったので、写真は入口のみ。
こじんまりしているように見えますが、中は意外と広いスペースになっていて、18名の作家さんの様々な作品を鑑賞することができました。

『尖』は日本画を集めた展覧会で、今年で24回目。多くの人に愛されているのがわかります。
大小さまざまな作品、これも日本画なの!?と感じるような作品もあって、とても見ごたえのある展覧会で、感性をくすぐられました!たまには芸術鑑賞もしないとな~。

さて、展覧会のあとは近くにあったラーメン屋さんへ。
ちょうどお昼時で、行列ができていた≪麺匠 たか松≫の看板につられて入店!

つけ麺が有名なお店ということでしたが、この日は少し肌寒く、あたたかいラーメンが食べたかったので、看板にあった期間限定の『鶏づくし塩らぁ麺』に決定!

ついでに鴨のミニどんぶりも注文。鴨肉が好物なんです~。
香ばしく炙った鴨肉と、甘からのタレとの相性ばつぐんでした!

そして、お目当ての塩らぁめん。
どちらかというとこってり系の塩ラーメン。トッピングは鶏のチャーシューとめんま、たまねぎ、鶏節と煮卵が入っていてて、まさに『鶏づくし』!!
鶏のチャーシューがめっっっちゃおいしかったので、お近くにお住いの方や、京都にご用のある方はぜひ行ってみてくださいね~。