初・沖縄ひとり旅 ≪吹きガラス体験≫

こんにちは。イコラスタッフのスズキです。

まだまだ続く、スズキのひとり旅。
工芸好きなので、沖縄に行った際は絶対したいと思っていたのが、琉球グラス作り。

吹きガラス体験をするため、読谷村にある≪体験王国 むら咲むら≫に行ってきました!

むら咲むらは元々NHK大河ドラマのオープンスタジオとして使われていた場所を改装して作られた体験施設で、101種類の様々な体験ができるレジャースポットです。

吹きガラス体験ができる工房『ガラス工房 海風』へ行くと、手慣れた様子で作業するスタッフさんが何人も!

工房の中は熱気がすごくて、汗が噴き出してきます。

さっそく体験スタート。

最初は棒の先に付いた、どろどろに溶けたガラスを型にはめ込み、息を送り込んである程度の形を作ります。

その次は、ガラスを熱した状態で、左手で棒を転がして、右手で飲み口を広げながら形を整ていく作業。
これが思っているより難しくて、右手と左手が別々の動きをしないといけないので、動きがぎこちなくなってしまいます。

2人のスタッフさんに介護されながら、なんとか完成。
体験は10分程度でしたが、ぜんぶが初めて体験で、密度の高い10分間でした!
今回はほどんどスタッフさんに助けてもらったようなかんじだったので、機会があれば、またチャレンジしたいです!

完成した自作グラスは後日公開します!お楽しみに!